カラコンの高度医療機器承認番号を確認しよう

カラコンを選ぶ際には、高度医療機器承認番号付きのものを買う、厚生省承認のお店でしか買わないなど、カラコン上級者にはそれぞれマイルールがあるものです。

色やデザインだけでカラコンを買う時代は終わって、現在は、安全でかわいいカラコン探しが主流になりつつあります。

カラーやデザインももちろん大切ですが、手ごろな価格で安全なものを探そうというのがメインストリーム。

医療機器承認番号は、カラコンのパッケージに印刷されている16ケタの英数字のことです。

手元にあるカラコンの箱を確認してみましょう。

だいたい、2から始まる英数字になっています。

最初の2は平成の意味です。

昭和は1ですが、カラコンのパッケージにはあまり使われない数字で、多くは2から始まります。

次の2ケタの数字は平成何年の部分です。

217とあれば、平成17年の意味になります。

途中のアルファベット3文字はBZXやBZGなどが日本製の文字列です。

BZGは国外製造承認の意味です。

外国製でも日本で承認を受けているということです。

この英数字の印字があるということは、基本的に日本の安全基準をパスしたカラコンであるという意味ですから、一定基準を満たしている安全なカラコンであると考えていいでしょう。

安全なカラコン選びはとても大切で、国内基準に満たないものは敬遠する理由になります。

同時に、どんなに安全基準を満たしているカラコンでも、基本的な装着ルール、洗浄・保存のルール、ケアの仕方を間違えている場合には、目にダメージを与えるリスクが高くなります。