看護師転職のお役立ちレポート

看護師が転職するとき、気を付けたいマナー

「看護師 転職」の事に関する情報サイトです。
看護師が転職をする時は、現在の職場をトラブルなく辞めることが大切です。迷惑をかけないよう、早めに報告するようにしましょう。

看護師が転職するとき、気を付けたいマナー

看護師が転職する時、今までいた職場を退職することになりますが、退職時にもマナーというものがあります。

いきなり辞めるといって翌日から来ないというようなことはできません。

気持ちよく転職するためにも、退職時のマナーを知っておきましょう。

【退職の意思はどう伝えるか】

まず、退職することを上司に伝える場合、法律では退職の2週間前までに伝えれば良いとされていますが、看護師の場合、それでは遅すぎるようです。

引き継ぎなどのことを考えると、2か月か3か月前に伝えるのが良いとされています。

一番に直属の上司に伝えるようにし、他の人から上司の耳に入るようなことは避けましょう。

【退職理由は正直に】

退職する理由は必ず聞かれますが、正直に伝えるようにしましょう。

職場環境が良くないので転職するとか、キャリアアップのために転職したいなど、正直に伝えれば気持ちよく送り出してもらえるでしょう。

【退職が決まったら】

退職届が正式に受理されたら退職決定となりますが、それから職場の人たちに挨拶するようにしましょう。

退職届が受理されないのに、周囲の人に辞めることを話すのは良くありません。

気持ちよく転職するためには、退職時のマナーをしっかり守り、今の職場の人に迷惑をかけないようにしましょう。

退職時に揉めてしまうと後味の悪い転職となりますので十分注意してください。

これらのポイントはスーパーナースのような看護師専門転職サイトでも転職時に気を付けるべき点として紹介されています。

気持ちよく次の職場で働くためにも、円満に退職出来るよう心がけましょう。